福岡銀行住宅ローン

福岡銀行の住宅ローンについて紹介しています!

 

では、

 

 

■福岡銀行住宅ローンとはどのようなローンなのでしょうか?

 

 長期固定金利のフラット35を利用できる。
 住まいるギャラリー」では、建築士による住宅の相談を受けることができる。
 オール電化などエコに配慮した住宅に対する優遇がある。
 三大疾病や重度慢性疾患、がん保障など、病気で払えなくなった時でも安心。
 ミックスプランにすることで、8種類のプランから組み合わせることができる。

 

主にこのような特徴があります。

 

 

福岡銀行住宅ローンの特徴、メリット・デメリットについて見てみましょう!

このサイトでは、福岡銀行の住宅ローンについて、特徴やメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

 

まず、福岡銀行とは、どのような銀行なのでしょうか?

 

 

福岡銀行は、福岡県福岡市に本店を置くいわゆる地方銀行で、「ふくぎん」の愛称で知られています。

 

 

福岡銀行の創業は1877年(明治10年)で、130年以上の長い歴史を誇っています。

 

創業当時は第十七国立銀行という名前で、最大規模の地方銀行でした。

 

その後、筑邦銀行・嘉穂銀行・福岡貯蓄銀行などと合併し、1945年に福岡銀行として設立されました。

 

現在は、熊本ファミリー銀行とともに、金融持ち株会社ふくおかフィナンシャルグループの完全子会社になっています。

 

不良債権比率が低く安定した財務状況にあり、日本有数の地方銀行の地位を堅持しています。

 

 

福岡銀行は、その名の通り、福岡県の全域に支店を展開しています。福岡県外では、沖縄県を除く九州各県と、山口県、広島県、大阪府、愛知県、東京都に支店があります。

 

 

福岡銀行が提供している住宅ローンには、以下の様な種類があります。

点1 住宅の新築や購入などを対象とした、最も一般的な住宅ローン。
 「一本勝負」という名前がついています。

 

点1 他行で返済している住宅ローンの借り換えを対象とした住宅ローン。

 

点1 住宅ローンの返済途中で、新たな住宅への住み替えを対象とした住宅ローン。

 

点1 住宅金融支援機構と提携した、長期固定金利を提供する、フラット35

 

 

福岡銀行が提供している住宅ローンを利用すると、下記のようなメリットがあります。

 

メリット1

 

間取図を作成したり、インテリアコーディネートのアドバイスを受けたりと、専門的な内容に答えてくれます。「住まいるギャラリー」は、平日のみならず、土曜日もオープンしています。

 

 

メリット2

 

多くの銀行で、独自の住宅ローンとフラット35を取り扱っています。しかし、独自の住宅ローンとフラット35を組み合わせて住宅ローンを組むことは、あまり一般的ではありません。

 

 

メリット3

 

 

メリット4

 

このように、福岡銀行住宅ローンには、以上のようなメリットがあります。


福岡銀行の住宅ローンってどんな方に向いている?

こちらでは、福岡銀行の住宅ローンには、どのような人に向いているのか考えてみましょう。

 

【地域に密着したサービス】

 

福岡銀行は、いわゆる地方銀行で、地元の福岡県に密着したサービスを展開しています。福岡県に在住している人にとっては、大手都市銀行やネット銀行以外に住宅ローンを検討する金融機関として、有力な候補の一つだと思われます。

 

 

【住まいるギャラリー】

 

福岡銀行本店の中2階に、住まいるギャラリーというサービスが提供されています。住まいるギャラリーでは、住宅の専門家である建築士が、無料で相談に応じてくれます。一般的な銀行で、住宅ローンの相談を受け付けてくれるところは多いですが、福岡銀行では、建物そのものについて相談にも応じてくれますので、非常に貴重だといえます。また、住まいの購入から引き渡しまでの各ステップにあわせて参加できるセミナーも、定期的に開催されています。住まいるギャラリーは、平日(9:00〜17:00)のみならず、土曜日(10:00〜17:00)にもオープンしていますので、サラリーマンなど平日の時間が自由にならない人にもお勧めです。

 

 

【オール電化やエコに配慮したガス設備を対象とした金利割引】

 

福岡銀行では、オール電化住宅ローンやホットメリット住宅ローンなどの商品が用意されています。エコに配慮したオール電化住宅やガス設備を持った住宅に対して、住宅ローン金利が0.1%割り引かれます。このようなエコに配慮した住宅を希望する人にも、福岡銀行の住宅ローンはお勧めです。

 

 

 

【様々な金利プラン】

 

福岡銀行では、一般的な金利タイプとして、変動金利型、固定金利型、長期固定金利型の3種類があります。また、これらを組み合わせたミックスプランという金利プランも用意されています。ミックスプランの場合、変動金利型が50%以上あると、組み合わせた側の固定金利型、長期固定金利型の金利が割引になるサービスがあります。さらに、福岡銀行独自の住宅ローン以外に、フラット35と組みわせるというミックスプランもOKです。従って、複数の金利プランを併用することによって、金利の変動リスクを減らしたいと考える人に、福岡銀行の住宅ローンはお勧めです。

 

 

【もしもの時の保障】

 

福岡銀行では、一般的な団体信用生命保険に加えて、「三大疾病+五つの重度慢性疾患保障」と「がん保障」という特約をつけることができます。三大疾病に加えて幅広い保障をつけたり、がんに限定したり、色々なバリエーションの中から、希望する保障をつけてもしもの時に備えたい人にお勧めです。

 

 

おすすめ

該当 福岡県にお住まいの方。
該当 住宅ローンのことだけではなく建物についての相談もしたいという方。
該当 平日の時間が取れないサラリーマンなどの方。
該当 オール電化住宅やエコウィル・エコジョーズが完備された住宅を建てようと思っ
   ている方。

該当 お好きなプランを組み合わすことができるミックスプランによって、どんな金利
   変動にも対応したいという方。

該当 病気や死亡した時の保障をしっかり付けておきたいという方。


福岡銀行住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

福岡銀行住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが「現在自動車ローンを組んでいても福岡銀行住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば可能です。

しかし銀行は年収によって個人別にローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が福岡銀行住宅ローンの借入可能額を圧迫して借りられないこともあります。

当然ですが、自動車ローンをキチンと返済していないと信用情報が悪くなりローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも気をつけるべきポイントです。

あまりないと思いますが、現在の自動車ローンを福岡銀行住宅ローンに組み込むことを福岡銀行住宅ローンと一緒にしましょうと提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

福岡銀行住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと返済を早く行えば行うほど元本も利息もガンガン減っていきます。

結果として支払期間が短縮されたり、その期間の利息分総支払額が低くなります。

そのため、手続きをネットで行えることや返済可能額が一円以上からなのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけていただきたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなってしまっては本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

福岡銀行住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

最初に組んだ福岡銀行住宅ローンを別のローンにする福岡銀行住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換え審査も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、場合によっては借り換えの審査に落ちることもあります。

参考:住宅ローン審査に通らない人とは?借りられない理由【審査甘い銀行は?】

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通ることは多いようですがほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の福岡銀行住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の評価が中古物件扱いになり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合もそのため支払い期日のあるものは必ず期日までに払うようにしましょう。

家計を圧迫すると言われる福岡銀行住宅ローンの返済ですが返済額を減らすために今組んでいるローンの金利から見つかったらそちらに変えたいと思っている人もいますよね。

ただ、低金利という部分だけを理由に変えるのはやめましょう。

福岡銀行住宅ローン借り換えは消費者ローンの借り換えとは違い登記などの諸費用が必要になりますので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを実行する判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収よりも多い時です。

福岡銀行住宅ローンの返済でお悩みの人の中には福岡銀行住宅ローン借り換えをして利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、今のローンとは違う福岡銀行住宅ローンを探すことになりますが金利が低いだけというメリット以外も求めていますよね。

具体的にどういったメリットがあるかを考えてみましょう。

他のメリットとしては、繰上げ返済が簡単なことです。

例えば繰上げ返済を行う際にネットからできる、例えば3000万円を30年ローンで返済する場合、保証料は60万円以上かかる計算になります。

なぜかというと繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

少しでも返済が勧めやすいように繰上げ返済手数料が無料なローンを選びたいですね。

住宅を購入する際に福岡銀行住宅ローン控除の適用を受けたいですが実は福岡銀行住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初年度に福岡銀行住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え時でも継続できる条件としては、当初の福岡銀行住宅ローン返済のためという目的になっているか借り換え後の返済期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況がそんなに変わっていなければ適用されることが多いです。

住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は福岡銀行住宅ローンが組めないということです。

どんな場合にそういったことが起きるかというと転勤することになって転勤先での賃貸料と二重になってきつい、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、福岡銀行住宅ローンという制度は自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても現在のローンよりも良い条件の金融商品は見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際など借り換えができません。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う福岡銀行住宅ローン借り換えですが、行う際にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の金融機関で福岡銀行住宅ローンを組むことなので将来的に金利が上がるリスクがあるデメリットもあります。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

福岡銀行住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識はありませんか?実は借り換え融資プランができたので福岡銀行住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うことができ、お得になるんです。

得するには基本的に金利差が0.3%以上あると良いようです。

よく借り換えでオススメされているのが固定金利から変動金利に借り換えをする場合が多いです。

金利が1%から2%低く設定されていることが多いのでパッと見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行機関に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入している銀行の承諾は必要ないので理論上では100回でも借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えを行う理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

では、どんな時期に借り換えを行うと良いのでしょうか。

正直な話、ベストな時期は誰にもわかりません。

なぜかというと福岡銀行住宅ローン金利が今後どうなるのかは予測不可能だからです。

その理由としては福岡銀行住宅ローン金利が今後どうなるのか専門家も予測不可能だからです。

借り換えメリットが月収以上になったときです。